So-net無料ブログ作成

宇津井健主演の世にも奇妙な物語 相席の恋人 ネタバレ感想 [ドラマ]

スポンサーリンク




宇津井健画像出典→movie.douban.com

関連記事⇒宇津井健の息子・宇津井隆さんが里谷多英と熱愛で左遷? 

関連記事⇒宇津井健の滑舌が悪かった?入れ歯が原因? 



この回の世にも奇妙な物語は、人選がよかったのかも知れませんが、
いい作品でした。もちろん、宇津井さんの演技があってこそでしたが、
これ観て泣いた人も少なくないんじゃないでしょうか。

それくらい、個人的には良く出来たストーリーだったと思うし、
宇津井さんと倉科カナさんの演技も味があってよかったですね。

恋愛物、と言っても差支えが無いと思うんですが、
こういう役柄を演じてくれた作品は、レアなんじゃないかな?

こっからネタバレ始まります。


倉科さん演じる主人公の"すず"さんは、高校生当時から
交際する彼氏と同棲生活をしていて、彼氏は居るんですが、
今一というか、あまり上手く言ってない感じ。

そんな彼女が行け付けの喫茶店で、奇妙な出来事が始まります。

決まった時間になると、別の喫茶店に移動して、そこに現れるのが、
名優・宇津井健さん。

宇津井さんは彼女に話しかけて、相席をお願いします。
彼女は彼のことは一切知りません。

しかし彼はすずの名前を何故か知っている、というところから
話が動き出します。

2回目に喫茶店へ行き、また同じ様にすずは、この老人と再会。
そして、この老人が言うには、彼はすずの婚約者で彼女の詳細も
言い当ててしまいます。また、この老人は未来から来ていて、
この辺りから2人は打ち解けていく2人。

現在の恋人にあげた、父親の時計をこの老人が持っていたので、
今付き合い同棲している彼が、未来から来たのだと彼女は思います

老人の好みの食事(オムライス)を出したすずだったんですが、
彼はどうやらこの料理が好きでなく、彼女としてもがっかりだった様子。

そして、この後にはその彼氏とも別れることに。

時計も彼から返してもらい、この彼は運命の相手ではないことを知ります。

悲しく落ち込むすずですが、また老人に会おうといつもの喫茶店へ行きます。
残念なことに老人は既に亡くなったそうで、代わりに手にしたのが、
その老人からの手紙でした。

その内容というのが、悲しんでいる付き合いの始まる前のすずを
励ます為にわざわざ未来から来たということでした。

そして、行きつけの喫茶店で相席になった男性が注文したのは
あの老人も好きだったマヨネーズをかけたオムライス

というわけで、この人が運命の人だったんですね。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
So-net無料ブログ作成

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。